BCH《ビットコインキャッシュ》の基本情報

通貨名       Bitcoin Cash《ビットコインキャッシュ》
通貨略号      BCH
公開日       2017年8月
発行上限枚数    2100万枚
国内取扱取引所   bitFlyer《ビットフライヤー》
・         coincheck《コインチェック》
・         Zaif《ザイフ》他
海外取引所     Binance《バイナンス》他多数
公式サイト     Bitcoin Cashの公式サイト

BCH《ビットコインキャッシュ》の特徴、将来性は?

ビットコインキャッシュの特徴を見ていきましょう。

仮想通貨は難しく書こうとするとどんどん難しくなるので、

できるだけ分かりやすい言葉で書きたいと思います。

BCH《ビットコインキャッシュ》が生まれた経緯は?

ビットコインキャッシュは2017年8月に、

ビットコインからハードフォーク《派生》した通貨で、

発行枚数は、ビットコイン同様2100万枚となります。

 

ビットコインの問題として、

送金時に時間がかかるというのが問題になってきました。

それを解決するために生まれたのが、ビットコインキャッシュです。

ビットコイン1枚に対して、1枚のビットコインキャッシュが無料で

もらうことができたのです。

BCH《ビットコインキャッシュ》の特徴は?

ビットコインキャッシュの特徴は、

① 発行枚数がビットコインと同じ2100万枚
② ビットコインの8倍の取引量
③ ビットコインとは基本連動していない

ということです。

ビットコインからハードフォークしているので、

ビットコイン価格に連動していると思いきや、

大きく影響されることはないのです。

それは、ビットコインキャッシュは

ビットコインとの互換性がないためです。

 

尚、ビットコインよりも決済スピードが

8倍大きいのが特徴です。

この辺もイーサリアムクラシック同様、

本家よりもスピードを上げてきているんですね。

BCH《ビットコインキャッシュ》の将来性は?

ビットコインキャッシュは、

なんとアフリカで導入されているんです、

どんなものかというと、

携帯電話の電話回線で送金できるというものです。

インターネット環境を必要としないのです。

このサービスは『Cointext』というサービスで今後も

発展していく可能性は大きいと考えます。

ネット環境を必要としない送金なんて、

面白いですよね。

ビットコインの大物ロジャー・バー氏が推薦

ロジャー・バー氏というのは、

ビットコイン他仮想通貨の発展に大きく影響を与える人物で、

この業界で知らない人はいないくらい有名な人物ですね。

そのロジャー・バー氏が、ビットコインの送金の遅さなどを指摘して、

ビットコインキャッシュが生まれたのです。

今現在ロジャー・バー氏は、

今まで保有していたビットコインのほとんどをビットコインキャッシュに

変えたと言われています。

そのくらい将来性を感じているのでしょうか?

 

きーすけの個人的見解

ビットコインキャッシュは、

ビットコインと比較しても、

決済速度が速いですが、

 

今後、どこまで発展するかは何とも言えない点もあります。

ただ、アフリカでの電話回線を使った送金等、

実用性があるものでもあるので、

他地域でも同様のサービスが広がるなどすれば、

今後の実用性が一気に上がり、

価格が高騰してくると感じます。

 

ということで、自分の評価は、

100点満点中80点です。

 

 

ロジャー・バー氏の推薦銘柄というだけで、

かなりのインパクトを与えます。

今現在は実用化はそこまでされていなくても、

今後どのように発展していくのかを、

ロジャー・バー氏は理解しているのかもしれません。

 

また、携帯電話番号だけでの送金は、

かなりおもしろいですね。

 

ただ、ネットがつながらないということは、

電話の電波はつながるのかなと不安になりますw

日本のスマホは、ネットの電波と電話の電波同じですもんね。

この辺はアフリカは事情が違うのかもしれませんね。

 

ということで、

将来性は確かに感じますが、

そこまで強いインパクトは感じません。

以上、参考にしてみて下さい。