ETC《イーサリアムクラシック》の基本情報

通貨名      Ethereum Classic《イーサリアムクラシック》
通貨略号     ETC
公開日      2016年7月20日
発行上限枚数   無限
国内取扱取引所  bitFlyer《ビットフライヤー》
・        coincheck《コインチェック》

海外取扱取引所  Binance《バイナンス》
・        Poloniex《ポロニエックス》
・        Bittrex《ビットレックス》
公式サイト    Ethereum Classic公式サイト
ホワイトペーパー Ethereum Classicのホワイトペーパー

ETC《イーサリアムクラシック》の特徴、将来性は?

イーサリアムクラシックの特徴を見ていきましょう。

仮想通貨は難しく書こうとするとどんどん難しくなるので、

できるだけ分かりやすい言葉で書きたいと思います。

どんな経緯で作られた通貨なのか?

イーサリアムクラシックは2016年の7月に

イーサリアムから分離した仮想通貨で、

イーサリアムの基本技術の

スマートコントラクトを持っているのは、

イーサリアムと同じですね。

 

なぜ、分裂したのかというと、

イーサリアムを利用したDAOという仮想通貨が

ハッキングがあった際に、

イーサリアム開発チームがハードフォークによって

不正送金を無効化したのです。

 

この対応が中央集権的だとして、

反発しイーサリアム研究者の間で内部分裂したです。

 

なので基本的な技術は、

イーサリアムと同等のものを持っているのです。

イーサリアムとの違いは何?

では、イーサリアムとイーサリアムクラシックは

何が違うのでしょうか?

 

ハッキリ言うと、

ほとんど同じなんですね。

内部で分裂してできただけの仮想通貨になります。

ETC《イーサリアムクラシック》の将来性は?

どうしてもイーサリアムの陰に隠れてしまう存在感の通貨ですが、

将来性はあるのでしょうか?

イーサリアムと唯一違うところは、

非中央集権的だということです。

 

中身がほとんどイーサリアムと同じということを考えると、

それほどの将来性が今の所見えてきません。

また、価格もイーサリアムの影響を強く受けて連動しています。

きーすけの個人的見解

イーサリアムクラシックに関してまとめると、

① イーサリアムとほぼ同じ機能
② 非中央集権的
③ 将来性は今の所見えてこない

ということになります。

イーサリアムの価格に大きく影響を受けるという点を加味すると、

イーサリアムクラシックも今後上がっていく可能性は高いと感じます。

 

ということで、自分の評価は、

100点満点中60点です。

 

プラス材料は、価格がイーサリアムに連動するというだけです。

それ以外のプラス材料は現状見出すことはできません。

これを買うならイーサリアムを買った方が間違いなくいいのは

言うまでもありません。

 

参考にしてみて下さい。