LTC《ライトコイン》の基本情報

通貨名      Litecoin《イーサリアムクラシック》
通貨略称     LTC
公開日      2011年10月
発行上限枚数   8400万枚
国内取引所    bitFlyer《ビットフライヤー》
・        coincheck《コインチェック》
海外取引所    Binance《バイナンス》他多数
公式サイト    Litecoinの公式サイト

LTC《ライトコイン》とはどんな仮想通貨なの?

ライトコインも公開日が2011年とかなり古株のコインになりますね。

このライトコインは、ビットコインをベースに作られたコインで、

特徴はビットコインとほとんど同じと言えます。

「ビットコインが金なら、ライトコインは銀を目指す」

というコンセプトのもと作られたコインとなります。

LTC《ライトコイン》の特徴、将来性は?

ライトコインの特徴を見ていきましょう。

仮想通貨は難しく書こうとするとどんどん難しくなるので、

できるだけ分かりやすい言葉で書きたいと思います。

ライトコインの3つの特徴

① 発行総量のがビットコインの4倍
② 決済スピードがビットコインより4倍早い
③ マイニングがしやすい

この3つです。

①の発行枚数がビットコインの4倍多いです。

はい それだけですw

 

②の決済スピードに関して言うと、

こちらもビットコインの4倍の早さを誇っています。

4倍程度のスピードであれば、

そこまですごいとは言えないかと思います。

ビットコインがそもそも遅すぎるのです。

 

③のマイニング難易度に関してですが、

ビットコインのマイニングは、

大口法人等が資金力でスーパーコンピューターなど

コンピュータの能力が高いものをしないと

難しくなっているのが現状です。

ライトコインは、家庭用パソコンでも採掘は可能な点を

考えると、その差は歴然ですね。

きーすけの個人的見解

きーすけの個人的な見解を言わせて頂きますと、

ライトコインはあくまでも

ビットコインの2番手で、

実用性に欠ける面が大きいと感じます。

 

そもそもビットコイン自体が実用性に欠ける通貨であるのに、

そのビットコインの性能を多少良くしたところで、

大して通貨の価値はないものと感じます。

 

ビットコインが上がるにつれて

連動して上がっていくとは思いますが、

 

実用性のない通貨が今後どこまで、

価値を高めていくとは思えません。

 

ということで、自分の評価は、

100点満点中60点です。

 

すでに多くの取引所で取引され、

売買高も大きいため、

この評価としましたが、

将来性には乏しい通貨です。

あえて購入する理由はないかもしれませんね。