LSK《リスク》の基本情報

通貨名       Lisk《リスク》
通貨略称      LSK
公開日       2016年8月
発行上限枚数    上限なし
国内取引所     bitFlyer《ビットフライヤー》
・         coincheck《コインチェック》
海外取引所     Binance《バイナンス》他多数
公式サイト     Liskの公式サイト
ホワイトペーパー  Liskのホワイトペーパー

LSK《リスク》の特徴、将来性は?

リスクの特徴を見ていきましょう。

仮想通貨は難しく書こうとするとどんどん難しくなるので、

できるだけ分かりやすい言葉で書きたいと思います。

スマートコントラクト搭載

リスクは2016年8月に公開された銘柄です。

英語で危険を意味する『risk』ではなく、『lisk』ですので、

全く別物になります。

 

このリスクはイーサリアムと比較されることが多い通貨として有名です。

なぜ、比較されることが多いかと言うと、

どちらもスマートコントラクトを実装しているという点です。

 

難しい言い方になってしまいますが、

要はイーサリアムと同じような目的で作られた通貨

ということが言えるのです。

スマートコントラクトを取り入れることで、

将来契約内容まで書き込めるスマートコントラクトは、

広がっていくでしょう。

サイドチェーンを活用

リスクのイーサリアムとの違いを説明する時に、

外せないのが、サイドチェーンの活用です。

イーサリアムは、メインチェーンを利用しているので、

そのチェーンを攻撃されるとイーサリアム自体の

セキュリティに関わってくるのですが、

リスクは、サブチェーンというメインチェーンとは、

切り離されたチェーンを使っているので、

サブチェーンを攻撃されたとしても、

サブチェーンを切り離すことによって、

メインチェーンは影響を受けないのです。

他社からの攻撃に強い通貨と言えるんですね。

これがイーサリアムの弱点を補っているといえるのです。

きーすけの個人的見解

きーすけの個人的見解を書かせて頂きますが、

リスクの将来性は明るいと考えています。

 

ただし、現状を見てみると、

イーサリアムはICOのプラットフォームとして確立しているのに対し、

リスクはまだ何に使われるか決まっていないのです。

そこが懸念点ですね。

 

しかし、通貨としての使いやすさはイーサリアムを超えてくるもので、

更に日本でも上場しており、一定の認知度を占めているということで、

ある程度評価できる通貨だと感じます。

ということで、自分の評価は、

100点満点中75点です。

 

プロダクトが決まり次第、価値は上がると思いますけどね。

では、以上になります。