MONA《モナーコイン》の基本情報

通貨名     Monacoin《モナーコイン》
通貨略号    MONA
公開日     2013年12月
発行上限枚数  1億512万
国内取引所   bitFlyer《ビットフライヤー》
・       Bitbank《ビットバンク》
・       Zaif《ザイフ》
海外取引所   Bittrex《ビットレックス》
公式サイト   Monacoinの公式サイト

 

MONA《モナーコイン》の特徴、将来性は?

モナーコインの特徴を見ていきましょう。

仮想通貨は難しく書こうとするとどんどん難しくなるので、

できるだけ分かりやすい言葉で書きたいと思います。

モナーコインが生まれた経緯は?

モナーコインは日本の2ちゃんねるから生まれた仮想通貨になります。

元にされたコインはライトコインですが、

中央集権的な組織はありません。

 

また、どんなものに利用されてきたかと言うと、

『投げ銭』です。

自分が好きだと思うクリエイターなどに

寄付するような形で使われてきました。

 

ビットコインよりも取引スピードが早いのが特徴ですが、

今後の使い道など、まだまだ発展途上の通貨となります。

支払いができる店舗がある

モナーコインは既に実店舗での利用ができる通貨になります。

ただ、ビットコインと比較すると使える店舗は

非常に少なく、名古屋にある整形外科や、

秋葉原にあるパソコンショップなどになります。

現段階ではまだまだ店舗利用できるとは言えないレベルですね。

『投げ銭』需要がある

もともと2チャンネル発の通貨ですが、

投げ銭需要というものに利用されてきました。

どういうものかというと、

例えばホリエモンがYOUTUBEで発信したことに対する

お礼などで、このモナーコインを発信者に与えることが

できるんですね。

 

『投げ銭』とうのは、まだ日本では

まだ広まっていませんが、

隣の中国を見てみると、

その投げ銭で食べている人は、

すごい人数に上るのです。

1年に何億も稼ぐ人間もいますからね。

 

ということは、

将来的に日本もこのブームを受けて、

投げ銭できるようになると、

もっと広がっていく可能性はあるかもしれませんね。

 

ただ、やはり仮想通貨の価値は大きく値上がり、

値下がりを繰り返すことを考えると、

あまり値動きのないものの方が使う方にとっては

うれしいように思います。

きーすけの個人的見解

ユウノスケの個人的見解を書かせて頂きますが、

 

投げ銭需要を今後きちんと取り込んでいければ、

価格が上昇する可能性は十分にありますが、

需要が拡大するかどうかは今のところ判断できません。

 

また、今現在既に秋葉原の店舗などでは、

利用できる店舗もあるみたいですが、

モナーコインである必要はないですし、

そこまで利用店舗が今後増えるとも思えません。

それを考えると何に使う通貨なのかまだハッキリしないのです。

 

ということで現時点だけ判断すると、

ギャンブル銘柄に近いものを感じます。

ということで、自分の評価は、

100点満点中40点です。

 

既に日本では何か所かの取引所に上場しており、

一定の認知度があるということで、

この採点にしました。

参考にしてみて下さい。