XEM《ネム》の基本情報

通貨名      XEM《ネム》
通貨略称     XEM
公開日      2015年3月
発行上限枚数   89億枚
国内取引所    coincheck《コインチェック》
・        Zaif《ザイフ》
海外取引所    Binance《バイナンス》他多数
公式サイト    XEMの公式サイト
ホワイトペーパー XEMのホワイトペーパー

XEM《ネム》の特徴、将来性は?

の特徴を見ていきましょう。

仮想通貨は難しく書こうとするとどんどん難しくなるので、

できるだけ分かりやすい言葉で書きたいと思います。

ネムのこれまでの経緯は?

ネムは2015年に公開された通貨で、

開発者の中に日本人がいたことでも注目になりました。

 

ネムは、

『基本的なブロックチェーンの仕組みを

踏襲しながらもさらに使いやすい仕組み』

を取り入れた通貨となります。

 

ネム版スマートコントラクト『アポスティーユ』を搭載

ネムもイーサリアムと同等のスマートコントラクトを搭載してます。

これは、ブロックチェーン上に情報を刻み、

ファイルの信頼性を監査する仕組みということです。

書類の改ざんなどが簡単にできないような

仕組みが作られるということですね。

今後、公的な書類など中身に改ざんが起きると問題になる書類で、

採用される可能性は十分にありますね。

大型アップデート『カタパルト』

カタパルトって何?

そう思った人も多いと思います。

カタパルトは、ネムのアップデートの呼称で、

取引量をこれまでの『10倍』にするというものです。

ビットコインはこの問題を常に抱えていますが、

ネムは問題なさそうですね。

きーすけの個人的見解

2018年1月に起きたコインチェック社のネム流出事件があり、

ネムの価格は一気に10分の1に下がりましたが、

これは、

ネムの将来性を分かっていない人のろうばい売り

が原因です。

 

発行枚数が多いので、

イーサリアムよりも価格が上がるのは難しいかもしれませんが

そのくらい将来性がある通貨ではあると思います。

 

ということで、自分の評価は、

100点満点中80点です。

 

将来性は非常にあると思いますし、

ネムを管理するネム財団の対応も早いですし、

将来性は非常に高いと感じます。

 

ただ、あくまでも自分の意見ですが、

スマートコントラクトを搭載した通貨は、

イーサリアム含めたくさんありますし、

スケーラビリティの問題を解決した通貨も、

エイダコインなど含めたくさんあるのです。

 

その中で、どこまでネムが健闘できるのか?

正直なところ、そこまでは自分は分かりませんが、

現状の知名度や取引量などを勘案して、

この点数にしました。

参考にしてみて下さい。