エイダコイン(ADA)の基本情報

通貨名      ADA《エイダコイン》
通貨略称     DASH
公開日      2017年10月
発行上限枚数   450億枚
国内取引所    なし
海外取引所    Binance《バイナンス》他

エイダコイン(ADA)の特徴、将来性は?

エイダコインの特徴を見ていきましょう。

仮想通貨は難しく書こうとするとどんどん難しくなるので、

できるだけ分かりやすい言葉で書きたいと思います。

 何に使われるために作られたのか?

ADAコインはもともと

イーサリアムの欠点を解消するために作られた通貨になります。

使い道としては、オンラインカジノで使われる

仮想通貨として開発されましたが、

実際にエイダコインを作ってみると、

その性能の良さに、

オンラインカジノだけで利用するのは、

もったいないということで、

今現在は、30億人に利用されるサイフに使われることを目指しています。

30億人というのは、身分証を持たない人の世界の人口です。

身分証がないので銀行口座を作ることができず、

自分の資産を保有することができないのです。

 

オンラインカジノから話が飛びすぎだろうと思いますが、

そのくらい高性能のコインだということなんでしょうね。

取引スピードの速さ

エイダコインの特徴の一つとして上げられるのが、

圧倒的な取引スピードの速さです。

ビットコインは1秒間に7回の取引しかできないのを、

エイダコインは数千回できるのです。

スピードの速さは通貨として使うには非常に大切ですよね。

最終的に30億人が利用できるようになっても、

問題ない速さということなんでしょうね。

ダイダロスウォレットで非中央集権的に利用できる

エイダコインの通貨ウォレット(財布)である、

ダイダロスウォレットがあります。

このダイダロスウォレットというのは、

非中央集権的に利用することを目標としています。

 

どういうことかというと、

普通の取引所だと、どうしても国家の制裁などによって、

取引自体ができなくなったりしますが、

独自ウォレットにて通貨を保管することで、

国家から切り離された取引を可能としています。

ダイダロスウォレット内でエイダコインを売買できる

仕組みがあるということなんですね。

ウォレットで完結できるという点ではいいですね。

わざわざ取引所に送金する必要がないですし、

取引所の開設はそもそも本人確認を必要としますからね。

きーすけの個人的見解

あくまでも個人的な意見を言わせて頂きますと、

これはかなり今後汎用性が高いコインだと感じます。

また、マーケットも30億人マーケットと広く、

オンラインカジノにも使えますので、

どのくらいの市場規模になるのか予想もできません。

 

自分の評価は100点満点中90点です。

イーサリアムの欠点を見事克服している点は、

かなり評価できます。

 

ただ、現在ではまだまだ実用性はありませんので、

今後どのように広がっていくのかが

まだわかりませんので、90点にしましたが、

それが見えてくれば100点にしても良いでしょう。

メイン通貨として保有していても何も問題ない通貨かと思います。