COMSA《コムサ》の基本情報

通貨名       COMSA《コムサ》
通貨略称      CMS
公開日       2017年11月
発行上限枚数    -
国内取引所     Zaif《ザイフ》
海外取引所     なし
公式サイト     COMSAの公式サイト
ホワイトペーパー  COMSAのホワイトペーパー

COMSA《コムサ》とはどんな仮想通貨なの?

コムサというのは、正式にいうと仮想通貨ではなく、

ICOプラットフォームの名称になります。

通貨ではなくトークンという形になります。

 

COMSAは仮想通貨取引所であるZaifを運営する『テックビューロ社』

が提供するプライベートブロックチェーンになります。

一方ビットコインはパブリックチェーンと呼ばれ、

大勢で管理するため、問題が起きた時に修正するのに時間がかかります。

 

しかし、テックビューロが管理していますので、

何か問題が起きてもすぐに対応することができるのです。

 

コムサが将来目指すところは、

『ICOのプラットフォームとして支配的な立場になる』

ことを目標にしています。

CMS《コムサ》の特徴は?

ではコムサの特徴を見ていきましょう。

① 仮想通貨ではなくトークン
② ICOのプラットフォームになることを目指している
③ ICOしたコインの取引所への上場支援
④ ネム価格に連動する
⑤ COMSAトークンに組み込まれるmijinは期待されている

ということです。

ICOのプラットフォームになることを目標にしているトークンで、

今現在はまだまだ実用化までいっていませんが、

今後に期待できるものとなります。

また、COMSAトークンに組み込まれるmijinは、

NEM財団やジャパンネット銀行や富士通などと共同で

新しい銀行の承認システムを作っています。

 

今現在銀行が人員削減などを勧めていますが、

このシステムが浸透すれば、

一気に人員削減が進むことでしょう。

きーすけの個人的見解

COMSAはICOの基幹システムとなっていきますので、

かなり将来性が感じます。

また銀行のシステムも浸透していけば更に

このトークンの人気が上がっていくでしょう。

 

ただし、注意点としては、

Zaif/NEMの価格に大きく左右されることです。

NEMはコインチェックのハッキング以降大きく価格を

落としていますし、Zaifも顧客対応が悪いなど

批判を浴びているのです。

 

ということで、まとめると、

将来性はあるが他の要因によって大きく値が変わる銘柄となります。

ただし今現在は大分価格も落ち着いてきていて、

2018年5月現在今から新規で購入する分には

そこまで値下がりすることはないと思います。

自分の評価は、

100点満点中70点です。

自分の銘柄に組み込んでもいいと思いますよ。