イオス(EOS)の基本情報

通貨名      EOS《イオス》
通貨略称     EOS
公開日      2017年
発行上限枚数   10億枚
国内取引所    なし
海外取引所    Binance《バイナンス》他
公式サイト    EOSの公式サイト
ホワイトペーパー EOSのホワイトペーパー

イオス(EOS)の特徴、将来性は?

イオスの特徴を見ていきましょう。

仮想通貨は難しく書こうとするとどんどん難しくなるので、

できるだけ分かりやすい言葉で書きたいと思います。

何に使われるために作られたのか?

なんと、イオスと言う通貨は、

特に使い道が決まっていない通貨になるんですね。

この使い道が決まっていないということは、

ホワイトペーパーにも書いてあるのです。

取引スピードの速さ

1秒間に何百万件もの取引が可能と言うことで、

スピードに関しては、イーサリアムの比ではありません。

イーサリアムは、2018年1月初頭に、

仮想通貨が爆上げした時にトランザクションの詰まりがあって、

バイナンスに送金したのに全然反映されないなど

になりましたね。

圧倒的な取引スピードを誇り、

更にイーサリアムの技術である

スマートコントラクトを実装しているのです。

 

つまり、契約内容などをブロックチェーン上で書き込め、

更にイーサリアムの何倍もの取引スピードを持つということです。

いうなれば、イーサリアムの上位版と言えばいいでしょうか。

きーすけの個人的見解

あくまでも個人的な意見を言わせて頂きますと、

通貨としての価値はかなり高いが、

まだ実用性が全く見えてこないのです。

やはり実用性のないコインが

今後価値が上がるとは今の時点では思えません。

 

ということで、自分の評価は、

100点満点中50点です。

通貨の性能は評価できるが、

将来性が現時点で見えないということで、

この点数にしました。

EOSについては以上です。