FCT《ファクトム》の基本情報

通貨名      Factom《ファクトム》
通貨略称     FCT
公開日      2015年
発行上限枚数   上限なし
国内取引所    coincheck《コインチェック》
海外取引所    Bittrex《ビットレックス》他
公式サイト    Factomの公式サイト
ホワイトペーパー Factomのホワイトペーパー

FCT《ファクトム》とはどんな仮想通貨なの?

ファクトムは改ざん不可能な電子記録を作成、維持、管理を

するためのプラットフォームになります。

 

コンピューター状の記録というのは、

改ざん・複製が簡単で、

ハッカーによって簡単に情報漏洩が起こっていました。

それを解決するのがファクトムです。

 

ファクトムの技術を通して、

文書データを世界中のコンピューターに保管することで、

安全かつ透明性の高い管理ができるようになり、

セキュリティ面での費用も大幅に削減できるようになりました。

 

また、ファクトムはブロックチェーン上に、

書類やデータのハッシュのみを記録するため、

個人情報の漏洩の心配がありません。

 

アメリカで注目されているのが、

『ファクトムハーモニー』です。

これはアメリカの住宅ローンの書類管理に莫大な時間と費用(年間5兆円)

かかっている問題を解決しようとしているものになります。

今後、この技術が世界中に広まれば、

重要な契約書類にファクトムの技術が使われる可能性があります。

FCT《ファクトム》の特徴は?

ファクトムの特徴を簡単に言うと、

① 発行枚数に上限がない
② 電子記録・重要契約書類等の保管・管理に向いている
③ アメリカの住宅ローン書類管理問題を解決する『ファクトムハーモニー』が進んでいる

ということです。

イーサリアムのスマートコントラクト技術もすごいですが、

このファクトムは特に重要書類に特化しているといってもいいでしょう。

特にアメリカの住宅ローン書類管理に年間5兆円の費用がかかっていること

にも驚きですが、そのくらいの市場規模はあるということです。

まずアメリカを中心に広まり、

その後世界的に広まっていけばさらなる価格上昇が見込めるでしょう。

きーすけの個人的見解

ファクトムは個人的にはおもしろい通貨だと思います。

懸念要素も少ないですし、

アメリカの住宅ローン書類と的を絞っているのも好感が持てます。

ほとんどの仮想通貨が、的を絞らず抽象的な言い方をする一方で、

的を絞っているのですごくわかりやすいと思います。

市場規模が読める点もいいですね。

 

ファクトムは今(2018年5月現在)の時価総額は200億円程度です。

今後5兆円市場をそのままファクトムが取れば、

今の価格からさらに100倍、200倍という価格は十分に見込めると思います。

個人的な評価は100点満点で85点です。

 

既に値上がりしているため、今後の伸びしろが気になるところですね。

また、住宅ローン書類市場への実用化の段階まではきていないので、

実用化すると更に伸びていくことでしょう。