ジーキャッシュ(ZEC)の基本情報

通貨名      Zcash《ジーキャッシュ》
通貨略称     ZEC
公開日      2016年10月
発行上限枚数   2100万枚
国内取引所    coincheck《コインチェック》
海外取引所    poloniex《ポロニエックス》他

ジーキャッシュ(ZEC)の特徴、将来性は?

ではジーキャッシュとはどんな通貨なのでしょうか?

できるだけ分かりやすく、難しい言葉を使わないで書きます。

匿名性の高さ

これはモネロと同じですね。

完全に匿名で支払いが可能となります。

『ゼロ知識証明』という技術を使って、

ブロックチェーンの内容が全て暗号化され、

中身が分からないようになっています。

将来何に使われるの?

ジーキャッシュは今現在JPモルガンが、

自社のプラットフォームに応用させているほか、

イーサリアムの開発者も参画するなど、

今後の発展は高いものとなっています。

 

モネロとは違う技術のゼロ知識証明は、

今後更なる飛躍になる可能性があります。

JPモルガンとの提携により、

金融機関のプライバシーを守る目的で利用されるとすれば、

今後更にいろんな金融機関にも使われていく可能性が高いです。

 

JPモルガンは、ジーキャッシュを、

『世界最先端の技術』と称賛していることからも、

今後の汎用性に期待できる通貨なのではないでしょうか?

きーすけの個人的見解

あくまでも個人的な見解を言わせて頂きますと、

100点満点中60点ほどでしょうか。

モネロ同様、機密性の高い通貨であるということは、

一般的にはそこまで広がる可能性は低いですが、

金融機関のプライバシー問題など、

プライバシーを必要とする場では、

大きく発展する可能性もあるかもしれません。

JPモルガンが絶賛するということは、

そのくらいの将来性があると判断しているからだと思います。

 

ただし、プライバシーに利用できたからといって、

本当にどのくらいの市場規模があるのか、

この通貨でないといけないのかなど個々に考えていくと、

今の所ハッキリと言うことができないのです。

 

プライバシーに利用するからといって、

ジーキャッシュを使う場面があるのかどうか?

今の段階で予測することができないのです。

以上、ジーキャッシュに関する解説でした。