アイコン(ICN)の基本情報

通貨名      ICON《アイコン》
通貨略称     ICX
公開日      2017年9月
発行上限枚数   なし
国内取引所    なし
海外取引所    Binance《バイナンス》他
公式サイト    ICONの公式サイト
ホワイトペーパー ICONのホワイトペーパー

アイコン(ICN)の特徴、将来性は?

トロンの特徴を見ていきましょう。

仮想通貨は難しく書こうとするとどんどん難しくなるので、

できるだけ分かりやすい言葉で書きたいと思います。

ICONはどんな通貨?

ICONは、韓国発の仮想通貨で2017年に公開されました。

韓国で行われたICOは完売し、

『韓国のイーサリアム』とまで言われた通貨になります。

ということで、イーサリアムに搭載されている

スマートコントラクトが関係してくるんですね。

スマートコントラクト技術『SCORE』が注目されている

『SCORE』と言っても意味が分からないかと思いますが、

簡単に言うと、イーサリアムとは違うスマートコントラクトを

搭載されているのが注目されているということですね。

 

イーサリアムとの違いなどは、技術的な話になり、

かなり難しい話になるため、ここでは省きますが、

正直、難しすぎる話です。

仮想通貨のことをものすごく勉強している人でも

この違いをきちんと説明できる人がどのくらいいるでしょうか。

実際はほとんどいないと思いますね。

 

イーサリアム同様、ICOの基盤になりたいのか、

また、どんなコミュニティをどのようにつないでいくのかは、

正直まだ見えていないのです。

バイナンスで大きい売買高

バイナンスでは、このアイコンの売買が大きくされており、

バイナンス内での売買高で言うと、

10位以内に入っています。

ここが少し謎なところでもあるのですが、

あるルートの情報でも今後値上がりする可能性が高いという

情報も得ています。

 

おそらくですが、まだ表に出ていないが、

大きな情報が今年流れてくるのかもしれませんね。

きーすけの個人的見解

あくまでも個人的な意見を言わせて頂きますと、

正直なところ、韓国のイーサリアムとは言われていますが、

じゃあイーサリアムよりもいい点があるかというと、

そこまで目立っていい点があるとは思えません。

スマートコントラクトを搭載している点では似ていますが、

アイコンの搭載しているスマートコントラクトが、

今後イーサリアムよりも強みがあるのかどうか?

 

現時点では何ともいえません。

ただ、バイナンスでの売買高の大きさを見る限り、

市場での評価は高いということです。

今年大きなニュースが入ってくるかもしれませんね。

 

現時点では、まだ大きな強みが見えてこないですが、

市場での評価の高さやあるルートからの情報からも

注目されている通貨であることは確かですね。

現時点で採点すると、

 

100点満点中50点です。

 

まだまだ未知数すぎて、

この点数がいっぱいいっぱいですが、

大きなニュース次第では大きく上昇する可能性も

あるかと思います。