ネオ(NEO)の基本情報

通貨名      NEO《ネオ》
通貨略称     NEO
公開日      2017年8月
発行上限枚数   1億枚
国内取引所    なし
海外取引所    Binance《バイナンス》他
公式サイト    NEOの公式サイト
ホワイトペーパー NEOのホワイトペーパー

ネオ(NEO)の特徴、将来性は?

ネオの特徴を見ていきましょう。

仮想通貨は難しく書こうとするとどんどん難しくなるので、

できるだけ分かりやすい言葉で書きたいと思います。

NEOはどんな通貨?

ネオは『中国版イーサリアム』とよく言われます。

韓国版はICXだったので、

イーサリアムに似ているのが結構多いですね。

ということはもちろん『スマートコントラクト』を搭載していると

いうことですね。

この点は、イーサリアムと同じですね。

 

基本性能は同じなんです。

ただ、中国国内では独自の評価を得られていて、

イーサリアムと同様、ネオのプラットフォームを使った

ICOが多く出回っていますね。

自分が購入したwoobitも同じくNEOがベースとなっています。

 

つまり、同じ機能があったとしても、

それが全世界に広まるのではなく、

各地域で別の通貨が使われる可能性が高いのです。

中国ではNEOがイーサリアムの代わりとして使われることでしょう。

多彩なブログラミング言語に対応できる

この点だけで言うと、

イーサリアムよりも多様な言語に対応しているのです。

多様な言語に対応しているということはそれだけ、

世界で使われる可能性を多く秘めているということです。

中国の規制リスクはある

中国はどうしても情報を規制したがる土地がらです。

仮想通貨取引自体が規制の対象になっていることを考えると、

どこまで伸びるのかなんとも言えない所はあります。

 

今現在アジア圏内での評価はかなり高く、

アジア圏内でのICOはネオを使うケースが多いことからも、

一度規制されるとその影響はかなり大きなものとなるでしょう。

きーすけの個人的見解

あくまでも個人的な意見を言わせて頂きますと、

ネオは既に中国国内でのシェアを占めており、

アジア圏内でのICOプラットフォームにも採用されていることから、

すでに確固たる地位を固めていると言えるでしょう。

中国リスクがありますが、

中国国内で規制されながらも独自の通貨として

発展していく可能性は非常に高いと言えます。

 

ということで、自分の評価は、

100点満点中80点です。

 

中国リスクがなければ、

90点ですが、リスクがあるという点で、

80点にしておきました。

是非、参考にしてみて下さい。