ヴァージ(XVG)の基本情報

通貨名      Verge《ヴァージ》
通貨略称     XVG
公開日      2014年10月
発行上限枚数   165億枚
国内取引所    なし
海外取引所    Binance《バイナンス》
公式サイト    XVGの公式サイト

ヴァージ(XVG)の特徴、将来性は?

ヴァージの特徴を見ていきましょう。

仮想通貨は難しく書こうとするとどんどん難しくなるので、

できるだけ分かりやすい言葉で書きたいと思います。

匿名/非匿名の切り替えができる

匿名性の高い通貨などたくさんありすぎて、

わからないくらいありますよね?

しかし、切り替えができる通貨は

あまり聞いたことないと思います。

 

匿名機能の『オン・オフ機能』により、

同じ通貨で隠したい情報は、

オンにして匿名化し、

オープンでも良いものはオフにし、

匿名化を外すことができます。

この『オン・オフ機能』を持ったことが、

このヴァージに最大の特徴になるかと思います。

目玉機能 レイスプロトコル搭載

はい また意味不明な固有名詞が出てきましたね。

これも特に覚える必要はありませんが、

上の、匿名/非匿名を切り替えるための機能の呼び名になります。

ヴァージの思想に共鳴した団体がある

ヴァージは、

『世界中の誰もが使える自由な通貨』

を目指しています。

誰にも束縛されない通貨ということです。

これに共感した人が団体を作って、

ヴァージをサポートしているのです。

きーすけの個人的見解

ヴァージはこれまで、マカフィー氏の発言などで、

度たび急上昇を見せてきました。

バイナンスでも取引高は多い部類に入りますね。

 

通貨の特性を見ると、

他の通貨と目立って違うところは、

匿名性の切り替えです。

これが将来的にどのくらい世間に必要とされるかどうか?

これが肝になってくるかと思います。

 

ここは確かに他の通貨にはない特徴だとは思います。

あとはどのくらい実用的になっていくのかが、

今後の価格上昇に大きく影響してくると思います。

 

ということで、自分の評価は、

100点満点中65点です。

匿名性のオン・オフ機能は面白いですが、

将来どのような場面で使うのか、

まだ詳細には見えてきません。

ということでこの採点にしました。

 

参考にしてみて下さい。