仮想通貨って何なの?

仮想通貨ってここ数年よく聞くけど、

結局よくわからない。

そういう人もいるはずです。

そういう方のためにこの記事を書きました。

できるだけ専門用語を使わずに、

分かりやすい言葉で解説していきたいと思います。

ネット上で利用できる新しい通貨

そもそも仮想通貨は正式名称ではなく、

正式名称は、暗号通貨です。

世界では暗号通貨と言われていますが、

日本で仮想通貨で流行ってしまったので、

今更変更できないんですね。

 

簡単に言うと、

ネット上で利用でき、誰にでも渡せる通貨

となります。

うーん、これだけではわからないですかね。

こう考えましょう。

 

実際の紙幣・コインが存在しない世界通貨

です。

あくまでも通貨ですので、

日本円と米ドルが交換されるように、

日本円とビットコインも常に変動して取引されています。

通貨の信用を担保するのはブロックチェーンという技術

また、よくわからない言葉が出てきましたね。

ブロックチェーンと言う言葉です。

ブロックチェーンというのは、

暗号通貨を取引する人全員がつながっているということです。

そして、このブロックチェーン上で通貨をやり取りし、

お互いの通貨のやり取りは、

ブロックチェーン利用者全員が共有できるというものです。

共有しているということは、

データを書き換えたりは一切できないようになっているため、

信用が担保されるんですね。

 

日本円の例を上げると、

1万円は日本国が1万円の価値がある通貨だと保証して

いるので1万円の価値がありますが、

これがなければ単なる紙ですよね?

 

暗号通貨は、国の保証が一切ない代わりに、

利用者同士が監視しあって、

信用を担保している通貨なんですね。

 

勝手に通貨量を増やすことができない

通貨量を増やすことができる暗号通貨もありますが、

一般的に通貨の発行量が決まっていて、

その発行量を超える量を作ることができないのです。

 

これは、国が発行する通貨と違いますよね。

例えば日本円の流通量は、

日本銀行が決め、景気によって多くしたり

少なくしたりするのです。

 

景気が悪い時は通貨を多く発行し、

流通量を増やしますので。、

通貨1枚当たりの価値は相対的に下がるのです。

通貨の流通量が増えれば、

インフレになりますので物価があがる。

物価が上がるということは、

おなじリンゴを買うのに100円で良かったものが、

110円払わないといけなくなったとすると、

通貨を10円分多く払う必要があるので、

通貨の価値が下がるということなんですね。

 

暗号通貨はこれができませんから、

国・日本銀行などによって価値を左右されないということです。

あくまでも取引所での売買のみで、

通貨の価値は決まるということです。

 

 

以上、仮想通貨の説明でした。

理解して頂けましたか?

では、以上になります。